【両面土マグナ】リヴァイアサン・マリスHLソロ攻略

ソロ攻略

今回は、先日グラブルフェス直後に実装された『リヴァイアサン・マリスHL』のソロ討伐攻略の記事になります。


初日からノーチェックで挑んでボコボコにされました…。
そして編成に改良に改良を重ね、ついにクリアすることが出来ました!

リヴァマリスHL

めちゃくちゃ強かったです。


HPトリガーやギミック、注意点を細かく紹介しますのでぜひご覧ください!




基本情報

リヴァイアサン・マリスHLの自発方法やHP等です。
ご存知の方は読み飛ばして大丈夫です。

自発条件
Rank120以上
マキュラ・マリウスHL自発討伐済み
77章 隠れ里クリア済み

消費AP / 自発トレジャー
AP-80 / 青星の輝き×5 もしくは赤星の輝き×5

属性


最大参加人数
6人

HP / 防御値
約4億2000万 / 15

出現場所
白風の境 第78章

行動表(HPトリガー・CT特殊技・ギミック)

HPトリガーは特殊ギミックを考慮しなければ、そこまで多くなく対処がしやすいです。
マルチバトルに参加する時は基本的にこれだけ気にしておけば大丈夫と言っても過言では有りません。
過信は禁物ですが…。

HP帯特殊技
85%バミュダルア・レイ
ランダムな対象に10回水属性ダメージ
最後の対象に奥義ゲージ+30%
70%スケールショット
全体に水属性ダメージ
敵に弱体耐性UP/水の障壁(共に5ターン)
50%潰崩のタイダルフォール
単体に水属性大ダメージ×2回
最後の対象に絶命+バフ全消去
絶命の猶予1ターン
25%アナクラシスショット
全体に水属性ダメージ
全体に暗闇効果(3ターン)
10%晦冥のタイダルフォール
ランダムな対象に10回 or闇属性ダメージ
味方全体のバフ全消去
奥義ゲージ-200%

全属性ダメージカット無効

気をつけばければならない点は、70%の敵につくバフ2種と10%の闇属性ダメージを含む全属性ダメージカットを無視する10回ダメージです。


リヴァイアサン・マリスにはCTとモードゲージが存在します。
通常時やOD時の特殊技、25%以降の真の力解放後の特殊技を紹介します。

状態特殊技
通常時 バミュダルア・レイ
ランダムな対象に水属性10回ダメージ
最後の対象の奥義ゲージ+30%
OD時アナクラシスショット
全体に水属性ダメージ
全体に暗闇効果(3ターン)
真の力解放後(HP 25%で真の力を解放)
通常/OD時
共通
潰崩のタイダルフォール
単体に水属性大ダメージ×2回
最後の対象に絶命+バフ全消去
絶命の猶予は1ターン
OD時のみ スケールショット
全体に水属性ダメージ
敵に弱体耐性UP/水の障壁(共に5ターン)



厄介なのがリヴァイアサン・マリス特有の特殊ギミックです。
表にまとめましたのでご覧ください。

ギミック名ギミック詳細
引き潮Lvチェインバースト発生時Lvが上昇
引き潮Lv3で晦冥のタイダルフォールが発動

1ターンで25回以上ダメージを与えることでLvが1下がる
(追撃分も1回でカウントされる)
溺水 受けるダメージが上昇する状態
最大Lv10
敵の通常攻撃を受けることで上昇
マウント貫通/クリア可能

2つしかないですが、このギミックの対処がリヴァイアサン・マリス討伐に向けて非常に重要となってきます。


それでは、実際に使用した編成と共に対処法をご紹介します。

リヴァイアサン・マリスHL討伐編成

リヴァイアサン・マリスHLはキャラ・召喚石ともに中々苦労させられました。
詳しいキャラ・召喚石の使用方法は後述しますので、さっと使用した編成を紹介します。

キャラ・EXアビリティ

主人公ジョブ:ドクター
メインメンバー:クリスマスマギサ・サラ・水着ブローディア
サブメンバー:ラスティナ・サラーサ

EXアビリティ:ニュートリエント・リヴァイヴ・ミゼラブルミスト

武器編成

メイン武器:刃鏡片
その他:一般的な確定クリティカル武器

ゼノウォフ剣を採用していますが、ローズ武器でも良かったかも知れません。

召喚石

メイン召喚石:ユグドラシル・マグナ
サブ召喚石:黒麒麟・水カーバンクル・ウリエル(無凸)・ハングドマン(5凸)


主人公がドクターである理由

キュアポーションが貰えて、さらに特殊ギミックの溺水Lvを取り除けるポーションリファインがあることが第一の理由です。


メンバー構成を見ていただければわかる通り、かばい合ってダメージを極力分散させずに1体に集中させ、キュアポーションで全回復を狙っている編成だからです。

スタンプでオールポーションが2つ貰えますが、まず足りません。


クリアオールを採用したかったですが、今回の編成では水着ブローディアの水属性攻撃DOWNくらいしか弱体効果を付与できないので、ミゼラブルミストを採用しました。

リヴァイヴはゾンビアタック用です。
ティターン編成の方の攻略記事や動画を見ましたがあまり採用されていませんでしたが、めちゃくちゃ刺さりました。


ドクターのサポートアビリティに味方が瀕死状態であればパーティ全体回復というのがあり、それも地味に有り難かったです。

メイン武器の刃鏡片は、スケールショットの面倒な強化効果を奥義で剥がせてEXアビリティにディスペルを持たなくて良くなるので必須だと思います。

クリスマスマギサ採用理由

スケールショットによる面倒な強化効果を2アビのディスペル効果で剥がせるのが一番の理由です。

主人公の奥義ゲージが溜まっていない時に、厄介な水の障壁だけでも剥がせればダメージは通るようになるので、ディスペル持ちのキャラ枠というわけです。


ディスペル持ちのキャラとしては、弱体耐性 100%もあるバアルの方が適正が高いですが、未所持のためクリスマスマギサを採用しました。


潰崩のタイダルフォールを1アビの幻影+ガードで運が良ければノーダメージで越えられます。

サラ採用理由

かばう+全属性ダメージカット50%を持つ高難易度御用達の頼れる9歳です。
3アビの防御UP 100%も強力です。

2種ある強力なタイダルフォールに対応できるので所持していれば採用しない理由はないかと思います。

サポートアビリティで付与されるカウンター効果も6回攻撃してくるリヴァイアサン・マリスにマッチしています。

水着ブローディア採用理由

サラと同じく高難易度御用達のキャラです。
全体かばう+グラビティ+水属性攻撃DOWNと頼れるアビリティが豊富です。

不可侵海域展開中の最大ダメージが1500に固定される点も溺水Lvでダメージが上昇するリヴァイアサン・マリスであっても例外ではなくきっちりと受け止めてくれます。

サブメンバー2名の採用理由

かばう持ちのラスティナとグラウンド・ゼロでHPを減らしてすぐに退場させられるサラーサを採用しました。


他のメインメンバーを守りながら、落ちてしまったメインメンバーをすぐに復帰できるのでラスティナ等のかばう持ちキャラを保険でいれておいたほうがいいです。


サブメンバー無しでもいけますが、通常攻撃あるいは特殊技を一回受けてくれて安定性が上がります。

サラーサは後1%で討伐できたのにうわーって状況を無くすために入れました。
アビリティを全部使えば1ターンで400万は出してくれますからね。


クリスマスマギサを採用しているので刻印持ちのキャラでも良かったんですが、カリオストロやメドゥーサでは最後のひと押しとしては力不足なので見送りました。

サブ召喚石採用理由

  • 黒麒麟
    かばうのターンが間に合わなかった用の保険です。助けられました。
  • 水カーバンクル
    10%の全属性ダメージカット無効の晦冥のタイダルフォールを安全に超えるように採用しました。

    10%到達までにもサラの2アビと合わせて100%カットが出来たり使い勝手がいいです。

    ギルガメッシュがあればギルガメッシュの方がいいです。
  • ウリエル(無凸)
    別枠攻防UP+奥義ゲージ30%UPの強力な召喚石で、使い勝手がいいです。
    リヴァイアサン・マリスに限っては奥義ゲージ30%UPが邪魔になるシーンもありますが、防御UPで生存力も上げられるので採用しました。

    なければギルガメッシュ・水カーバンクル2枚目を入れるのがいいかと思います。
    むしろそっちのほうがいいかも?
  • ハングドマン(5凸)
    土属性の与ダメージを上げる召喚石で召喚効果のクリアも溺水Lvを取り除けて優秀です。

    召喚時のダメージも馬鹿にならないので、ポーションリファインのリキャストの合間に特殊技を受ける際なんかに積極的に打ちました。

長くなりましたが、どの項目も重要であると思うのであしからず。

問題点は、引き潮Lvを下げられない点です。
クリスマスマギサが3アビで追撃がありますが1ターン25回ダメージには到底及びません。

召喚石にゴリラがあれば、解除できるかもしれませんが、持っていない上に引き潮Lvを下げることに注力するより特殊技を受けたほうが楽で良かったです。



引き潮Lv3到達時のさばき方や出来るだけ上げない方法をまとめました。

引き潮Lvの注意点

先述した通りチェインバースト発生時に敵に引き潮Lvが付き、Lv1ずつ上昇しLv3の状態で引き下げられないと晦冥のタイダルフォールが発動します。

Lv3になってもその次のターンにLvを引き下げることが出来れば発動はしません。


ですが、今回は引き潮Lvを無視する戦い方を行いました。


無視するといっても完全に無視するわけではないです。
単純に引き潮Lvを下げるという行為をしないだけです。

どういうことかと言うと、

  • 一人で奥義を打つ
  • フルチェインで奥義を打つ

これだけです。
2チェインや3チェインで奥義を打つのはご法度です。


全てのキャラがチェインせずに奥義を打てるのがベストですが、奥義ゲージを消費するキャラを採用しないとどうしても発生します。
そんな枠はないです。

奥義ゲージを上昇してくる特殊技を使ってくるので更に難易度は上がります。


なので、上記2点を意識して出来るだけ引き潮Lvを無駄に上昇させないようにしましょう。

本編成の動き方

全体を通しての動き方

1.溺水が5を越えた状態で特殊技を受けるのは危険なのでポーションリファインかハングドマンを召喚して取り除きましょう。


2.サラの1アビを打つ時は3アビも一緒に打ちましょう。

サポアビで弱体効果無効があり、溺水Lvが付くことはありませんが、水着ブローディアのような被ダメージ上限を制限するようなものがないのであっさり落ちてしまいます。


3.水着ブローディア1アビ発動時には、弱体効果全回復効果があるのでポーションリファインやハングドマンの無駄撃ちをしないようにしましょう。

ただし発動時のみの効果なので、不可侵海域が解除されるターンに合わせて打つようにすれば、効率よく解除できます。


4.特殊技を素受けしないようにしましょう。

サラ2アビや水カーバンクルを最低限合わせます。
25%以降の真の力解放後、何もなければ黒麒麟の使い時です。


5.ミゼラブルミストや水着ブローディア3アビの乱用に注意しましょう。

長期戦になるので、耐性が上がり後半全く入らないようになります。

特に水着ブローディアは刃鏡を消費して刃鏡3で得られるターン終了時のHP回復が受けられなくなる場合があります。要注意。


6.引き潮Lvに気をつけましょう。

サラ1アビや水着ブローディア1アビが使用できないタイミングでLv3にしてしまうと崩壊の危険性が一気に高まります。

引き潮Lv3で発動する晦冥のタイダルフォールを含む全ての特殊技を受けてもCTはリセットされません。

2連続、3連続で特殊技を受ける事もあるので注意してください。
その場合は、水着ブローディア1アビで受けるようにしましょう。


7.水着ブローディアの溺水を10で放置しない。

水着ブローディア1アビを使った後、通常攻撃を受けることですぐに溺水10になります。

不可侵海域中は最大ダメージが1500で固定されていますが、解除された後通常攻撃一発で5000くらい喰らいます。


8.真の力解放後のCTゲージに注意しましょう。

真の力解放前はCT2でグラビティ込みで3になりますが、真の力解放後はCTが1になり特殊技の回転率が上がります。


9.メインメンバーが落ちたらリヴァイヴ、そしてすぐにフロントに出せるようにしましょう。

どのキャラも必要不可欠で、一時的にいなくなる分には大丈夫ですが出来れば2ターン以内にフロントに戻しましょう。

HP 100~85%

最初のトリガーまでの動き方から解説します。


通常時のCT特殊技は単体多段攻撃でサラ1アビでも水着ブローディア1アビでも受けられます。

ただし、最後尾に編成しているキャラで受けるのがベストです。
最後の対象に奥義ゲージ+30%を付与してくるので、単体で奥義を打ちやすくなるためです。


この区間ではオーバードライブ状態にはならないので全体ダメージの特殊技を警戒する必要はありません。

85%トリガーも通常時のCT特殊技と同様のものですので、サラ1アビか水着ブローディア1アビで受けます。

サラ2アビでも余裕で受けられますが、OD時の特殊技に合わせる用に温存したいのでクリスマスマギサ1アビで受けます。

素受けで約2000ダメージ×10回とそれほど痛くないのでガード効果で十分受けられます。

HP 84~70%

HP 80%辺りでオーバードライブに突入します。

OD時の特殊技は全体攻撃になるので、水着ブローディア1アビかサラ2アビ、水カーバンクルのどれかで対処しましょう。

さらに強力な暗闇を付与してくるので、すぐに取り除きましょう。


HP 70%の特殊技も全体攻撃の特殊技ですので、上記のいずれかで対処します。
発動後に敵に強化効果2種が付くのでクリスマスマギサ2アビとフルチェインで取り除きましょう。

後に解除される弱体耐性UP効果は残っていても弱体を入れられないくらいでターン経過で取り除いても問題はないかと思います。

HP 69~50%

HP 45%付近までOD状態が続きます。

50%までのCT特殊技は上記にある全体攻撃に固定されているので、同様の対処法を取ります。


HP 50%の潰崩のタイダルフォールは、サラ1アビか水着ブローディア1アビで受けます。
サラで受けることが出来ればサポアビの弱体効果無効で絶命効果を防ぐ事ができるので事故が防げます。

HP 49%~25%

CTゲージが1になります。
HP 45%付近でBREAK状態に持ち込むことが出来るので、グラビティは出来れば温存したいところです。

BREAK状態は約35%まで続きます。

BREAK状態でも引き潮Lvは上昇し、特殊技を使ってくる点に注意。

CT MAXの状態でBREAK状態にさせるとBREAKが解除されるタイミングですぐに特殊技を打ってくる点にも注意が必要です。

BREAK解除後の通常時特殊技は100~50%と同じです。

25%のHPトリガーは暗闇を付与してくる全体攻撃です。
この特殊技を水着ブローディア1アビと合わせて、前後で引き潮Lv3にして特殊技を打たせてリセットさせると以降がちょっと楽になります。

HP 24~0%

行動表でも書いていますが、真の力を解放しCT特殊技が変化します。

通常時の特殊技でも主人公が受ければ一発退場もあり得る潰崩のタイダルフォールが飛んでくるんで、しっかりと対処しましょう。


ODに突入すれば全体攻撃で約3万ダメージの全体攻撃が飛んできますので、水着ブローディア1アビやサラ2アビを合わせて受けましょう。

ただし、潰崩のタイダルフォールの可能性もあるのでサラ2アビで受ける場合はHPを十分に回復した状態で受けるようにします。


HP10%の特殊技は引き潮Lv3の特殊技と同じ晦冥のタイダルフォールですが、全属性ダメージカットが無効なのでサラ2アビでは受けられません。

HPを完全に回復した状態の水着ブローディア1アビで受けることが出来れば後は火力でゴリ押すだけです。


この辺りでは、ほぼ弱体効果は入りませんので入ればラッキーです。
一度入れば3分間はその恩恵を得られるのでリロードを駆使してできるだけロスを少なくして討伐完了まで駆け抜けましょう。

まとめ

サラと水着ブローディアの防御コンビにドクターを合わせることで鉄壁と化しました。

最初は刻印パでのクリアを目指していましたが、どうあがいても無理だったのでこの編成に落ち着きました。

10%を切るまでは何度もいけましたが、どうしてもCT1で高回転の特殊技を受けることが出来ませんでした。

水カーバンクルをもう1枚いれたら多少の事故があってもリカバリーが聞くんじゃないかな、と思います。

79ターンと長丁場でしたが、その割には安定していました。




当記事以外にも土マグナの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。

土属性の記事リスト




それでは、当記事をお読みいただきありがとうございました。

皆さんに役立つような情報や日記のようなものまで毎日更新できるように頑張っています。

Adblock等をオフにしてページ内に表示されている広告を表示するようにしサイト運営にご協力お願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました