【半額キャンペーン】2.中級者以上向け【日課のススメ】

半額 プチ情報

こちらは中級者以上向けの紹介になります。
初心者向けはこちらをご覧ください。

先日Rank 200を迎えた私がRank 170くらいの頃に回っていた周回クエストから現在やっている周回を元にレーティング無しで状況に分けてご紹介します。


1.ソルジャー バレット作成素材

私の思う最強ジョブのひとつ、「ソルジャー」のバレット作成に必要なトレジャー集めに有効なクエストの周回です。
ジョブ専用武器「ジョン・ドゥ」のマガジン?を元にご紹介していますのでご了承ください。

ジョン・ドゥのマガジンはこうなっています。

ジョンドゥ

合計六発分のバレットを込めることが出来ます。
内訳は

カートリッジ×1
ライフル弾×1
パラベラム弾×2
エーテリアル弾×2


それぞれのおすすめバレットとして

Ⅰ エンハンスシェル(カートリッジ)
– 威力:90 効果:確率で味方全体に与ダメージ上昇効果
Ⅱ ゴールドバレットⅡ(ライフル弾)
– 威力:100 効果:確率で自分の奥義ダメージ性能UP(累積)
Ⅲ ヒールバレット(パラベラム弾①)
– 威力:80 効果:確定で味方全体に再生効果(1000/2ターン)
Ⅳ アイアンバレットⅤ(パラベラム弾②)
– 威力:150 効果:なし
Ⅴ、Ⅵ 〇〇(神石)ポイントⅢ(エーテリアル弾)
– 威力:100 効果:確定で味方全体の属性攻撃UP(それぞれ対応した属性のみ)

が主に使用されています。
状況によって、他のバレットも使用しますが上記のバレットがあれば大抵の場合選択されます。

バレット作成の素材を全て紹介することも出来るのですが、特にAP消費の激しい素材3点に注目してご紹介します。

1.鉄鉱石

バレットで一番多くの量を要求されるトレジャーです。
鉄鉱石が必要なバレットは以下のとおりです。

  • ゴールドバレットⅡ
  • ヒールバレット
  • アイアンバレットⅤ

です。
この3種のバレットを作るのに必要な鉄鉱石の総数は上から、

4420、651、557で合計 5628個 必要になります。
ゴールドバレットⅡで尋常でないくらい必要になります。
大体バレットとして、フルメタルジャケットⅤがあります。
威力150のバレットですので最大級のダメージを叩き出すことが出来て、確率で防御累積DOWNを付与できてとても優秀です。
オート放置や防御を下限に出来ないパーティならこちらを優先することもあります。

そして肝心なおすすめクエストは
ガロンゾ島25章「ガロンゾの古き戦い」 になります。
SRキャラのみのフリークエストですが、最も効率がよいです。
1回で5~10個程度手に入ります。


副産物として「黄金小麦」が手に入り、シェロちゃんが10個あたりエリクシールハーフ2個と交換してくれます。(毎日2個まで、月在庫20個)

2.リキッドスチール

バレットで必要数もかなり必要な上、最も集めにくいトレジャーです。
リキッドスチールが必要なバレットは以下のとおりです。

  • ゴールドバレットⅡ
  • ヒールバレット

です。
必要個数は以下の通りです。
この2種のバレットを作るのに必要なリキッドスチールの総数は上から、
1500、105で合計1605個 必要になります。
ゴールドバレットⅡを作る予定がないならバレット作成素材の中では比較的すぐに集まります。

おすすめクエストは2個あります。
1日に5回制限がある 帝都アガスティア第72章 「パン屋さんとだっこ屋さん」というのがあります。

大体3個か4個は手に入り毎日15個程度は手に入ります。
忘れないように毎日クリアしましょう。

すぐにでも集めたい方は回数制限のない帝都アガスティア59章「飛行兵器、襲来」がおすすめです。
レアリティ制限もなく相手のHPが高くても50万程度とサラーサ等を採用して高速周回することが可能です。
Wave2のレアモンスターが出現するとリキッドスチールを多く取得できるので、SR召喚石「シルフィードベル」をお持ちの方はメイン召喚石にでもセットしておくと良いです。

箱がドロップせずにリキッドスチールが0という場合があるのでドロップ率UPを引き上げて周回しましょう。

帝都アガスティア61章「新兵器は機械の獣!?」ではリキッドスチールが確定で1個ドロップし同じくバレット作成に必要な「栄華の炎」「赤色火薬の原料」を入手できるのでこれらの必要数が足りていないならこちらもおすすめです。
ドロップ参考画像↓

3.討滅戦ボスのアニマ

討滅戦ボスのアニマはⅤ、Ⅵにセットする神石ポイントでのみ使用します。
討滅戦というのはエクストラクエストにあるイフリートやディアボロス等のボスのことです。
必要なアニマの数は、1属性につき600個×2個で1200個となります。
対応する属性のアニマが必要です。

周回クエストは当然ですが、その属性のボスを周回することになります。

まずは1日1回しか出来ないMANIACを消化しましょう。

個数にはばらつきがあり、今回は8個でした。
召喚石「ウォフマナフ」がドロップすることもあり、バレットに必要なエレメントの足しにもなります。EXでも出ますが非常に稀です。

続いてEXを周回します。
MANIACだけではかなりの日数を必要としますので、EXも周らなければなりません。
ドロップ数は大体3個くらいです。

SR武器で落ちてきてくれるのは有り難いです。
フリークエストはスキル付きR武器が頻繁に出ますが、正直邪魔になります。

MANIACは全属性出来る限り毎日こなしましょう!


他にも必要な素材が多くありますので、これだけではないですが特に半額期間中に消化しておきたい素材3選のご紹介でした。


2.アーカーシャHL(崩天、虚空の兆)

続いては「アーカーシャHL」になります。
目当てとなるドロップ品は

  • 虚ろなる鍵
  • 各種銀片
  • 銀天の輝き(青箱)
  • 各種指輪(青箱)
  • ヒヒイロカネ(青箱)

となります。

アーカーシャHLといえば、虚空武器の作成素材です。
合計5種ある虚空武器ですが、4凸までに必要な素材が1本当たり、
虚ろなる鍵60個、その武器種(1本につき2種)の銀片×20個(合計40個)必要になります。

銀片は対応する十天衆を加入させていないと入手できないので「アーカーシャHL」を回ることになります。

さらに通常時BP5消費のクエストで半額期間中はBP2消費になっていて普段は少ない連戦部屋が立っているのでおすすめです。

青箱から極めて稀にヒヒイロカネも落ちるので、ワンパンじゃなくてしっかり殴って倒しましょう
貢献度を稼げばその分青箱獲得の確率があがるためです。

青箱の確定ラインで到達するにはとても大変です。

3-1アルティメットバハムートNORMAL(アルバハN)

HLでもないのに通常BP消費5とかなり重たいので、半額期間中出来る限り30連部屋に参加することをおすすめします。
アルバハHLやオメガ武器作成、バレット作成素材で結構な数のメテオライトを消費するので在庫はあるだけあったほうがいいです。

※ 近日中に自発素材のマグナアニマを作るのに必要な素材の緩和が決定されていますので様子見もありです。

3-2アルティメットバハムートHL(アルバハHL)

銀天、ダマスカス磁性粒子、オメガユニット、ヒヒイロカネと役立つものばかり。
オメガ武器を作り終えた方は主にヒヒイロカネを目的として自発もしくは救援に参加します。
自発箱でのヒヒイロカネが他のヒヒイロカネが入手できるクエストに比べて確率が非常に高いのでおすすめです。

所属する騎空団の団員の方と連戦部屋を建てることで栄誉の輝きのウィークリーボーナスをすぐに取り切れるのでもし時間のあう団員さんがいるなら声を掛けてみてはいかがでしょうか。

自発でAP100消費 救援でBP5消費とグラブル屈指の消費量なので半額期間中は特に参加していきたいですね。

ただ自発素材が無くなってしまうことが多いので半額期間中はアルバハNのメテオライト集めの方が重要だと私は思います。
アルバハHLの救援はいつでもすぐに埋まりますからね。

4.エピックシリーズ

通常時は救援BP消費が5の激重マルチです。
プロメテウスやアヌビス等のマルチバトルです。
新エピックウェポンを一本作るのにある程度運が良くても500回はやらないと揃わないと思います。
ちなみに私は現在、ヘクトルの不毀の籠手を集めているのですが700戦参加して0本です。
エピックウェポンは青箱か赤箱でしか出現しなくなってしまったので獲得の機会がかなり減りました。

通常時でAPとBPで比較はしづらいですが、完成形のバレットの作成素材を集めるより重いです。

消費BPが2である今がチャンスです。
数多くの方が参加されていてワンパンしてれば大体倒してくれます。
一番人気の無さそうなギルガメッシュでさえ十数秒で倒されてしまいます。それがいいのか悪いのかはわかりませんが、めげずに頑張りましょう!

5. 対象となっている消費トレジャー半額マルチ

消費APも半額になっていて足りない素材があればそれらの回収をしましょう。

ティアマト・マリスの武器は特定環境で非常に優秀な武器になるので必要な方は半額中に取っておきたいですね。

マグナHLも時間に余裕があるなら消化しておきたいところです。



以上が、私の考える登録者数突破記念キャンペーン中の過ごし方です。
共闘クエストやサイドストーリーは今回対象外ですが別のキャンペーンで対象となるのでその時はそちらもオススメしたいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。


合わせて読んでほしい記事の紹介

健康的なグラブルライフを送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました