【2019/11 闇有利古戦場】 ルルーシュの可能性について【マグナ】

プチ情報

今回は、6月に開催されたコードギアスコラボで手に入った闇SSR「ルルーシュ」の性能を見ながら古戦場起用の可能性を見ていきます。

基本性能

属性レアリティHP / 攻撃力
SSR1800 / 6125
得意武器種族タイプ
ヒューマンバランス

 

 

 

 


 開催から約5ヶ月経ち、記憶から薄れている方もいるであろう「ルルーシュ」の紹介です。
 「コルル」の登場で再び背水環境に更に拍車が掛かったり、王道の短剣パーティに寄っていったりと 渾身+銃得意である「ルルーシュ」が採用する場面は少なく感じます
 そんな中「コルル」も「ニーア」も所持していない(カイム入手の為)負け組の私が同様の環境である騎空士の方々に紹介します!


奥義・アビリティ・サポートアビリティ


ルルーシュ採用のメリット・デメリット

  • メリット
    奥義効果により味方の奥義回転を加速させる。(味方全体に10%)
    「スラッシュハーケン」の防御力DOWNで敵の防御下限にもっていきやすい。(片面20%DOWN)
    「ドルイドシステム」の解析効果で敵の弱体耐性10%DOWNで弱体効果をいれやすくなる。
    「ドルイドシステム」 の強化効果とサポアビ「黒の騎士団 総司令」でパーティの与ダメージを底上げしてくれる。(ドルイドシステムは固有枠、総司令は通常渾身枠)
    「黒の盤上」で防御が上がり耐久性を向上。(防御50%UP) 相手のCTトリガーに合わせることで固定50万ダメージ+恐怖を相手に与える。
    「ナイトメアフレーム」で渾身状態を維持しやすい。

  • デメリット
    セレストクローの背水編成と相性が悪い
    「スラッシュハーケン」と「ミゼラブルミスト」を合わせても防御下限に届かない。
    配布イベントキャラ共通のステータスがガチャ産のSSRキャラより低く設定されていてダメージが出しづらい。
    「ナイトメアフレーム」により奥義ゲージが溜まりづらい。
    銃得意であること。

 メリット・デメリットはこんな感じです。
 アビリティ性能は十分と言えますが、マグナ編成である限りやはり渾身寄りのこのキャラを優先的に採用すると言うのは難しそうです。

 しかし、少し見方を変えましょう
 弱体耐性が下がるということは長期戦においてかなり重要です。
 後半の「ミゼラブルミスト」のMISS発生率はかなり討伐成功・時間に影響を与えます。 つまり、単体でのダメージが低くともトータルで見ればダメージを与える機会を増やせているということです。

 長期戦で高火力が想定される古戦場ではHP維持をしながら戦うので、背水では戦いづらく、高HPでも火力を保障してくれます。

 さらには、「ドルイドシステム」を複数回使用すれば性能があがり、他のSSRキャラに匹敵する強化効果を付与できます。( 2回め以降:闇属性攻撃 30%UP DAUP/40% TAUP/15% )
 マグナ2武器である「アビスルック」4凸を複数本作っている人は稀だと思うので合わせて55%の確率で複数回攻撃してくれるので1ターンに与えるダメージを伸ばせ討伐までのターン数を減らせるので結果、トータル被ダメージまで下がります。


 討伐速度を求めるならポーション等で回復して殴ればいいじゃん……なんて意見も出てきそうです。

 本当にちょっとまってください
 10月に実装された「フルオート機能」をご存知でしょうか

 先日、リミテッド「フェリ」を手に入れてレベル上げがてら、オート放置をしようとしたら1アビしか発動せずかなりのショックを受けました。
 こんなつらい体験を「ルルーシュ」は見逃しません。

 「ルルーシュ」のアビリティを見直しましょう。

 ダメージアビリティ・味方全体強化アビリティ・敵弱体アビリティ

 つまり、フルオートでも全てのアビリティの恩恵を得ることができるのです!

 フルオート放置で90 HELLや95 HELLを考えている方は是非育成を済ませておくことをおすすめします。


まとめ

 つよい! かっこいい! 意外と仲間思い!
 とまあ、コードギアス全盛期時にかなり推していてグラブルコラボで再燃し、1期から見直したくらい好きでこのような記事を書きました。
 イベント配布キャラだから……と敬遠し育成もほとんどしてないよって方、いまいちフルオート放置編成が決まらないなって方、ぜひ採用をお考えください。

 私は、古戦場前に最終上限解放が決まっている「黒騎士」とも得意武器が一緒なので、ソルジャー、黒騎士、ルルーシュ +αで編成を考えています。


P.S.
広告をクリックしてサイト運営にご協力お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました